40代の外資系求人の年収相場とは?英語力を活かせる40代のための転職サイトオススメ 厳選1社‎

40代の外資系求人の年収相場とは?英語力を活かせる40代のための転職サイトオススメ 厳選3社‎

40代で外資系に転職する時の必要条件

外資系の求人で40代転職する方向けとなると、マネージャーやディレクターなどのエグゼクティブクラスがメインとなってきます。

日系企業と違い事業開発や事業企画など外資系 転職なら40代向けの求人が充実していて、年齢を気にせず希望する職業につける可能性が高くなります。

外資系は豊富な実績や経験、それに伴う人脈などを重視して積極的に採用する傾向が強く、日本ほど年齢を重視しません。

エグゼクティブクラスの求人になると実務で豊富な経験や高い実績はもちろんのこと、マネジメント能力を重視してきます。

プレイヤーとしてではなくマネージャーとしていかに高い成果を出してきたかという実績を求められるため、面接時のアピールポイントになります。

外資系が日本人に求めることは日系大手企業の経営幹部とのつながりです。日本市場に打って出ようとしているわけですから、シェアを拡大するうえで重要な項目になってきます。

あまり面接時に人脈ばかりアピールするのはよくありませんが、ビジネスに直結するような活きた人脈ならば強力な武器になりえます。

 

40代の外資系転職に強い転職エージェント情報

英語力を活かせる転職サイトを厳選するならば、BizreachとDaijob.comそしてキャリアクロスです。いずれのサイトもバイリンガルな人材を必要とするグローバル企業の求人が豊富にあり、多様な業界から理想の転職先を探すことができます。

なかでもBizreachはエグゼクティブ向けの会員制転職サービスで、国内では最大級を誇っています。会員に登録すると非公開求人を閲覧でき、クオリティの高い情報を集めることができます。ヘッドハンターは国内外の優良企業と厳正な審査基準をクリアしている一流で、職務履歴を見て直接スカウトしにきます。

40代の外資系求人の年収相場はマネージャークラスなら1000万円以上は見込め、経営幹部クラスの場合3000万円という求人も少なからずあります。報酬面では恵まれた求人が多いのが特徴です。

40代の外資系求人の年収相場とは?英語力を活かせる40代のための転職サイトオススメ 厳選3社‎

ABOUTこの記事をかいた人

YamaguchiTatsuya

学生時代に編み出した「独自の学習方法」による効率的で楽しいTOEIC高得点のコツ等を書いています。
大手IT広告代理店国際事業推進部→某教育系スタートアップ執行役員→ブランディング(入社案内・理念浸透ツール等の制作)
グローバル教育研究所認定講師。