ビジネス英語ライティングで知っておくべき4つの鉄則

ビジネス英語ライティングで知っておくべき4つの鉄則

毎日の仕事で英文を書く機会はどれくらいありますか?書類、e-mailやチャット、資料、レポートなどなど毎日英語を使ってます!という人のためにライティング時によくある間違いをピックアップしました。

ビジネスシーンであなたの英語の文章を読む相手はきっと多国籍ですよね。明確で、簡潔で、プロフェッショナルに書かれていて、世界中、どこの誰にとっても分かりやすくなければなりません。あなたのいつもの英文を振り返って、英文作成の効率化に役立ててください。

テキスト言語は使わない

テキスト言語は英語ではTexting Languageと呼ばれます。SNSやメールなどで使う省略した言葉のことです。友人や家族とのメッセージ交換の中であなたも使っていると思います。誰もが理解できるとは限りません。ビジネスシーンではいつも標準のスペルで書きましょう。

(×)Pls B there B4 6 pm. TY.

(○)Please be there before 6 p.m. Thank you.

長い文章は避ける

長い文章になると理解しにくくなることは、あなたも知っているでしょう。長い文章の中には、たくさんの情報が入ってしまいます。伝えなければいけないことが相手に伝わらないということになりがちです。

ピリオド(.)、カンマ(,)、クエスチョンマーク(?) などを、適切に使って短い文章を繋ぎ合わせるのが得策です。文章の中で一番重要な内容は、一番始めに書く、表示を強調するなどで、他の文章と区別して認識できるような書き方をしましょう。

単語を何度も繰り返さない

名詞を何度も文章中で繰り返さないように気を付けてみましょう。日本人は主語を忘れてしまうことが多いので注意が必要なポイントではあります。

でも、その主語もいつも同じ単語である必要はないのです。

「it」「their」「He」など変えられる言い方があれば使いましょう。「them」「him」「my」など所有格、目的格も同じです。文章を短くすることにも繋がり、グッと分かりやすくなるでしょう。

直訳は避けよう

日本語の文法構成や語順が英語と異なっていることは皆さんご存知ですよね。英文を書こうとする時に、日本語を書き出してそのまま直訳しようとしていませんか?そうすると、どうしても日本語の語順が影響してしまうことがあります。英語としてよく分からない文章になりがちなのです。最悪の場合、意味不明になったり、違う意味にとられたりする可能性もあります。

書くことが定まったら、文章表現する時はせっかく学んだ英語で考えることを習慣にしましょう。効率的な文章が書けるはずですよ!

英語力を活かす、選ばれた人だけの会員制転職サイト 

ビジネス英語ライティングで知っておくべき4つの鉄則