海外ドラマ『How I Met Your Mother』で日常英会話を学ぼう!

海外ドラマ『How I Met Your Mother』で日常英会話を学ぼう!

みなさんこんにちは、Mです!

今回は私が英語学習に是非オススメしたい、海外ドラマの紹介です。

日常英会話を学べる海外ドラマの代表格といえば、ファンも多い「FRIENDS」。そして今回私がオススメするドラマは、第二のフレンズと言われている「How I Met Your Mother」です!

放題は「ママと恋に落ちるまで」。恋愛ものが好きな人は、文句なしに楽しめると思います。

恋愛ものはあまりという人も、恋愛要素以外にも面白いポイントがたくさん詰まっているので、見てみる価値ありのドラマですよ。

簡単なストーリー紹介

時は2030年。主人公のテッドが、自分の子供たちに「ママとどうやって出会ったか」を話し始めることから、ドラマがスタートします。

嫌がる子供にかまわず話し始め、舞台はママと出会う前の2005年に。

友達のバーニー、友達カップルのマーシャル&リリー、そして一目惚れの相手ロビンを加えて、テッドの「結婚相手探し」をする生活が始まるのです。

「How I Met Your Mother」のここが面白い!

・バーニー・スティンソン(Barney Stinson

メインキャラクターの中でも群を抜いて強烈なキャラのバーニー。

「テッドや他の人たちは何でバーニーと友達でいられるんだろう?」と思ってしまうほどです。

そのクレイジーさが最高に面白いのですが、実はとってもいい奴だったりするんですよね。女の子が大好きで、ナンパを成功させるためのアイデアや、ゲットした女の子と必ず一夜限りで終わらせるための努力に、いつも笑い感心させられます。

「Have you met Ted?」

テッドにあった?

「Suit up!」

着替えて!準備して

「This is going to be legend- wait for it… dairy!」

これらは(ウケる)すごいことになるよ。。。来るよ来るよ。。。ほら!

などのセリフは、ドラマを見ている私もつい一緒に言ってしまうほどです。

・マーシャル&リリー(Marshall&Lily)

最高にキュートなカップル。いい意味で大人になっていなくて、見ているだけで笑顔になってしまいます。文句の付けどころのないベストカップルですが、そんな二人にもカップル解消の危機が。詳しいことは見てのお楽しみです!

「How I Met Your Mother」から使える”日常英会話文集”

How I Met Your Motherには、使える英会話文がいっぱい。盛りだくさんある中から、今回はシーズン1のエピソード5(Okay Awesome)からいくつか抜粋したいと思います。いいなと思ったセリフも選びました!

Robin: Alright, so you guys are in. Should I invite Marshall and Lily?

ロビン:よし決定だみんな参加だね。マーシャルとリリーも誘う?

人気のクラブに入れることになったロビンが、テッドとバーニーを誘った後に言ったセリフ。友達とパティーをする時や、どこかに一緒に出かけるときに使えますね。

Lily: Is that what you want?

それでいいの?それでよかったの?

Marshall: Is this what you want?

大人のカップルになろうとワインテイスティングのパーティを開いた二人。でもマーシャルは他のメンバーがいる有名なクラブに行きたくてたまりません。その時に「これが本当にやりたいことなの?」と聞きあうセリフです。ケンカするときにも使えそう。

Lily: Come on, it’s not that bad.

大丈夫だよそんな悪くないよ。

「そんなに悪くはないよ、思っているほど悪くないよ」というセリフ。この“that”はそんなにという意味です。日常的によく使う表現です。

Narrator: I’m a little foggy on the details. 

私はそんな詳しいことわからないんだけど。

ナレーターが言ったセリフですが、テッドが回想しているときの声です。「詳しいことはわからないけど」という意味。霧がかかった感じが、よく分からないというのをしっかり表現していますね。使えそうです!

Ted: Yeah, these clubs are supposed to be fun, right?

クラブって楽しい場所のはずだったんじゃないの?思ってたんだけど。

楽しいと聞いていたクラブが、全く楽しめなかったテッド。“Be supposed to”はよく使われる表現。このクラブは楽しいはずでしょ?という風に、「そのはずだけど違った」という時に使います。

Lily: …but you can’t move backwards you can only go forward.

後ろには進めないよ、前だけしか行けないよ。
Robin: … you can go wherever you want. I guess the question is where do you want to go?

行きたいとこにどこでも行けるよ。問題はどこに行きたいかだと思うよ

リリーが「後ろには進めない、前にしか行けないでしょ」と言うのに対して、ロビンは「どこでも行きたいところに行けるよ。問題は”どこに行きたいか”じゃない?」と言います。いいセリフですね。

Ted: (Yelling) I’m really glad you guys came out tonight.

(叫びながら)今日は来てくれて本当に良かった。嬉しいよ

この“I’m glad ~”はよく使われる表現。「~でよかった」という意味ですが、“I’m glad to hear that you are having fun there.”のような感じで使います。

Ted: I’m sorry, i just assumed you…had other plans. I mean lately.

ごめん、他に予定があったと勘違いしてた。ここ最近。


この“assume”は「~だと思っていた、~だと仮定していた」、という意味です。この場合は、あなたに他に予定があると思ってた、ということです。一見固そうな表現ですが、よく使われます。

まとめ

笑えるポイントがたくさん散りばめられていて、時々ホロリと泣かせてくれるこのドラマ。

特にバーニーのしっちゃかめっちゃかさには相当笑わせてもらいました。惜しまれながら2014年に終了しましたが、一番気になるのは果たしてママは一体誰だったのかということ。テッドの恋模様を追いつつ、日常会話もしっかり身につけちゃいましょう!

24、スパイダーマンなど、映画や海外ドラマが見放題!今すぐ無料視聴!

海外ドラマ『How I Met Your Mother』で日常英会話を学ぼう!

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。

EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。

TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。

英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!