質問です。日本人エンジニアのあなたは、自分の市場価値を確認したことがありますか?

カルちゃんの幼なじみのZ君は、現在アメリカのボストンでITエンジニアの仕事をしています。

彼とは、FaceBookを通じてよく話します。
昨日の会話を翻訳抜粋します。

Z君
なんかうちの会社は給料は平均より低いねー
カルちゃん
まだまだ経験不足だからしょー。スキルを磨いて転職すれば10年後はきっと違うはず!
Z君
10年後ね。。。I hope so…
ねぇ、カルちゃん、東京のシステムエンジニア(SE)は年収はいくらぐらい?
カルちゃん
え?分からん、調べておくね。
。。。日本は年功序列社会なので、年齢とレベルによるけど、平均年齢36歳のエンジニアの平均年収は4.5万ドル(542万日本円)らしい。<統計データはhttp://nensyu-labo.com/syokugyou_se.htmより>
Z君
Whaaaaaaaaaat?低すぎじゃない?他の業界の平均給料は?
カルちゃん
(あああ、Z君が驚いてる)でもこれってそんなに不思議なの?30代後半の人の平均年収は「601.2万円」だって。確かにちょっと低い?<統計データはhttp://nensyu-style.com/100/より>
Z君
うん。。。。
カルちゃん
アメリカはどんな感じ?
Z君
最低1.5~2倍ぐらいかなぁ。。。IT企業の拠点となっているシリコンバレー (Silicon Valley)で働いてるエンジニアの報酬は特に厚い、桁が違うね。日本のエンジニアがかわいそう。

 こうした年収が基準時間内の労働およびボーナスによってのみ構成されているのであれば、それはそれでゆとりある生活といえるかもしれない。しかし、実態はといえば、多くのエンジニアは月数十時間から多い人では200時間に達するような休日出勤・残業をせざるをえない。「心底仕事が楽しいので」残業を厭わないという人もなかにはいるだろうが、多くは、仕事の負荷をこなすには残業せざるをえなかったり、年収の目減りをカバーするためには残業代で稼ぐしかない、というのが実態ではなかろうか。

[引用元:http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001244]

多くの優秀なエンジニアは月数百時間残業して残業代で稼ぐしかないのでしょうか?
そんなに価値がある職業なのに、嫌ですね。

しかし、そんな給料格差を埋める方法が有ります。
外貨を稼ぐのです。

今の現状を分析すると、
①全世界のエンジニアの供給が不足する。
②日本人エンジニアは真面目で、外国での評価はかなり高い。(By カルちゃんの知人のエンジニアたちの証言)
③円安(為替の関係で、4年前より日本エンジニアの雇用料はドルベースで約35%安くなりました。)

エンジニアの方は年収アップしたければ、外貨で稼ぐ仕事を受ければ良いのです。

もっと簡単にいうと、海外に行けば良し。
(海外からの仕事を受注してもよし。)

英語をしっかり勉強して、海外で働けることになったら、
おなじ労働時間で1.5~2倍の年収は簡単にもらえるのです。

そうは言っても、海外のエンジニアの間では競争原理が働いた結果、より多くの優秀なエンジニアが生き残り
平均年収が日本より高くなっていると考えられるかもしれません。

しかし、エンジニアの間でも平均的に日本人エンジニアの評価は高く、自分の専門分野の強みと英語でのコミュニケーション
能力があればやっていけるという人が殆どです。
海を渡る前に、自分の武器を分析し磨き上げて、準備を整えておくのがおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!