【2016年6月最新】海外大学院のMBAコースのTOEFL iBT足切りスコアまとめ

MBAについて&MBA取得のメリットについて

どうやってMBAを取得するのか

MBAは国内でも海外でも取ることができます。今は、国内にいながら英語でMBAを取得できるようにもなってきました。もちろん、日本語でのMBA取得は可能です。MBAの取得方法は、以下の4種類あります。

①海外へ留学して取得する

②国内でフルタイムで学び取得する

③国内で土日などを使って取得する

④通信教育で取得する

①以外は、日本語での取得が可能です。しかし、MBA取得というと英語ができるイメージはあります。MBA取得後に、どのような仕事について活躍したいのかによりますね。外資系企業やグローバルな仕事をしたい人なら英語でMBAを取得する方がよいでしょう。

となると、海外でのMBA取得となりますが、とても難しいです。英語のスキルが必須となります。TOEFL、GMATなど英語のスキルが志望校によって課せられる点数が違ってきます。自分が行きたいスクールを決めて準備をすることが必要です。いろいろな準備期間として1~2年は必要とされています。

海外大学院のMBAコースのTOEFL iBT足切りスコアについて

海外大学院のMBAを日本人が受ける際にはGMATとTOEFL iBTを提出するのが一般的です。

それゆえに、ここには基本的にTOEFL iBTを載せています。

それでは、2013年5月18日現在の海外大学院MBA有名校のTOEFL iBT足切りまとめをどうぞ。

⭕️ INSEAD(インシアード)【 TOEFL iBT スコア>109】

INSEAD(インシアード)は、フランスのフォンテーヌブロー、シンガポール、アブダビにキャンパスを持つビジネススクール・経営大学院である。
INSEADのMBAプログラムは、Financial TimesのGlobal MBA ranking 2016で世界第1位、BusinessWeekおよび QS Global 200 Business Schools Reportで欧州ビジネススクール第1位にランキングされている。また、FT500(時価総額ランキングトップ500社)の企業にCEOを輩出した人数をもとにしたMBAランキング(Financial Times紙,2015年)では、INSEADはハーバード大学に次いで世界第2位。

⭕️ Oxford・SBS(オックスフォード・サイード・ビジネス・スクール)【 TOEFL iBT スコア>109】

サイード・ビジネス・スクール(SBS, Saïd Business School)は、英国・オックスフォード大学の経営大学院である。

⭕️ Harvard Business School, HBS(ハーバード・ビジネス・スクール)【 TOEFL iBT スコア>109】

ハーバード・ビジネススクールは、Master of Business Administration略称MBA(経営学修士)プログラムを1908年に設立した。 MBAを習得する為、世界各国から、ハーヴァード・ビジネススクールに学生が集まってくる。 ハーバード・ビジネススクールは、特にケースメソッド方式(事例研究法)を授業スタイルとして採用したことで有名である。 ケースメソッド方式は、ハーバード・ロー・スクールにおいて、元来、開発され、それをビジネススクールに応用した。 学生は、事前にビジネスの状況が描かれたケースを分析した上で、対話中心の授業に臨む。

⭕️ MIT,MIT Sloan(マサチューセッツ工科大学)【 TOEFL iBT スコア>105】

マサチューセッツ工科大学(英語: Massachusetts Institute of Technology)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置く私立工科大学である。

⭕️ University of Pennsylvania・Wharton School(ペンシルベニア大学・ウォートン・スクール)【 足切り点無し、合格者平均点は108】

ペンシルベニア大学(英語: University of Pennsylvania)は、米国ペンシルベニア州フィラデルフィア市に本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。
米国東海岸名門私立大学連合であるアイビー・リーグの1校である。米国大学ランキングでトップ5から9、世界大学ランキングではトップ13にランクインし、米国及び世界を代表する屈指の名門大学として不動の地位を保っている。合格率9.9%(2015年度)と全米最難関の大学の一つである。米国の有名総合大学としては比較的珍しく大都市に位置する都市型大学でもある。
学術分野では経営学、医学、法律学で名高く、各専門職大学院が世界的に有名である。特に全米最古のビジネス・スクールであるウォートン・スクール(Wharton School)MBAはハーバードMBAと並び全米ランキング同率1位を誇る名門である。

⭕️ Yale School of Management(イェール大学経営大学院)【 TOEFL iBT スコア>100】

イェール大学経営大学院(英:Yale School of Management)は、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンにあるイェール大学のビジネススクールである。同大学院では、リーダーシップ、行動経済学、オペレーション・マネジメント、マーケティング、アントレプレナーシップ、組織行動学等の分野における研究と教育を行っており、経営学修士(MBA)、エグゼクティブMBA(EMBA)、上級マネジメント修士(MAM)、Ph.D.に加え、イェール大学のその他大学院とのジョイント・デグリーのコースを提供している。

⭕️ Dartmouth College(ダートマス大学)【 足切り点無し、合格者平均点は105】

アメリカ合衆国では13番目に古く、学生1人当たりの出資金の額では7番目に裕福な単科大学(college)である。ただし、ダートマス大学は、学士課程の教養学部に加え、医学・工学・経済といった分野のみならず、18分野もの文系・理系の大学院課程を持っている。

⭕️ Cornell University(コーネル大学)【 TOEFL iBT スコア>100】

コーネル大学(英語: Cornell University)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州イサカ市に本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。1865年に設置された。
アイビー・リーグを構成する一校であり、世界屈指の名門大学として不動の地位を確立している。特に機械工学、生命科学、物理学、建築学、コンピュータ工学、経営学、医学、農学分野は著名である。世界における大学ランキングでは、2015年度のWebometrics Ranking of World Universitiesで5位にランクされ、またノーベル賞の全部門で受賞者を輩出する等、研究・教育の両面において世界最高水準を保持している。

⭕️ Columbia University・Columbia Business Scool(コロンビア大学ビジネススクール)【 足切り点無し、合格者平均点不明】

コロンビア大学(英語: Columbia University)は、米国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区に本部を置く、アイビー・リーグに属する私立大学。イギリス植民地時代(1754年)に英国国王ジョージ2世の勅許によりキングスカレッジとして創立され、全米で5番目に古い。
世界屈指の名門大学としてノーベル賞受賞者を101名輩出するなど全世界から多くの優秀な研究者、留学生が集まっている。卒業生はあらゆる分野の第一線で活躍しており、これまで34名の各国の大統領・首相や28名のアカデミー賞受賞者等を輩出している。最近の著名な卒業生は米第44代大統領バラク・オバマ。

⭕️ University of California・UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)【 TOEFL iBT スコア>100】

10大学からなるカリフォルニア大学システム(UCシステム)の1校でバークレー校に次ぐ歴史を持ち、カリフォルニア州の大学で学生数が最も多い総合州立大学。

⭕️ Stanford Graduate School of Business(スタンフォード大学経営大学院)【 TOEFL iBT スコア>100】

スタンフォード大学経営大学院 (英: Stanford Graduate School of Business)は、米国のスタンフォード大学の経営大学院である。スタンフォード経営大学院は、ハーバード・ビジネス・スクール、ペンシルバニア大学ウォートン・スクールなどと並ぶ世界最高峰のビジネススクールである。スタンフォード大学経営大学院は、シリコンバレーの中心地であるカリフォルニア州パロアルトに立地し、特にハイテク、eコマース、経営全般に強いとされている。

MBA留学を目指す方はTOEFL iBTの点数は100点を獲得することが必要、105点以上を獲得したほうが安心です。

最近は日本にいながら英語でMBAを学べるプログラムも増えてきています。特にオンラインの英語版MBA取得プログラムは、忙しいけれども英語でMBAを取得したいビジネスマンにとても人気があります。また、現在は、1科目からMBAの勉強が開始できるプログラムもあります。このように自分のペースやお金に合わせて少しづつ取得していくというのもひとつの方法としてあります。