音楽と英語の興味深い4つの関係性

話したり、手話をしたり、書いたりする時のいずれであっても、言語というのは人類における普遍の文化です。音楽は言語と同じぐらい重要な人類共通の文化ということは知っていましたか?

音楽無しで成立する文化はほとんどないと言っても過言ではありません。

それでは、あなたがまだ知らないかもしれない「言語と音楽の4つの関係性」をみていきましょう。

音楽も英語も社会の重要な基盤になっています

音楽というものはいつも人々を繋ぎ合わせることに寄与してきました。

たとえそれが感情的な経験として、アート作品の評価として、お祝いや儀式の一部として共有されたとしても、音楽は常に人々の活動そのものを表していました。言葉も同様です。人は一人で話すという事は基本的にしません。コミュニケーションは2人以上の人達によって行われるのです。

ミュージシャンは音楽を言語として処理しています

「ミュージシャンが音楽を聴く時」と「言葉を聴く時」に使う脳の空間は同じ場所を使用しているという事が、研究によって明らかにされています。その場所は左側側頭平面と呼ばれ、一般的には言語を処理する場所して考えられています。

しかし、ミュージシャンではない人が音楽を聴く際には、言語を処理する場所とは違う場所で音楽の処理が行われます。音楽をより深いレベルで処理するための訓練と同様の方法によって、私達は全ての言語を習得することが可能だということをこの研究は指し示しています。

音楽はあなたの文法力と語彙力を向上させます

7歳より以前に音楽を習っていた人はそれを行わなかった人達よりも、語彙力と文法を理解する力が優れているという研究結果が2010年に示されました。

若い時に楽器の使い方を習っていた人は第二言語をより習得しやすいという事も幅広く知られています。

音楽と言語を習得すると、あなたの脳は正常に保たれます。

音楽をすることや第二言語を習得することは、高齢になってから痴呆になりにくくさせるという研究結果が多数報告されています。なので、自分の脳を健康に保ちたい人は音楽か第二言語を習得するといいかもしれません。

 

 

言語と音楽の間にこんな関係があったなんて知っていましたか?音楽を習得するのと同じ感覚で言語を習得しようと考える事が出来れば、言語習得はより身近なものになるかもしれませんね。

【英語学習にオススメな洋楽】60年代70年代80年代90年代-洋楽の名曲9選

2017.03.04