【意外と間違える】英単語Peopleでよく起こる文法ミスまとめ

映画や何かしらの文章をよんでいても、よく目にする英単語「people」。

主な意味はこんな感じ

[btn class=”bg big”]

「人々、(漠然と)(世間の)人々、(特定の場所・階級・団体・職業・民族などに属する)住民、(一国家に属する)国民、選挙民、家族、親兄弟、先祖(など)、庶民、人民」[/btn]

ざっくり言えば「人々」ってことですが、あれ?複数形のsとかないのに、これだけで複数の意味をもつの?って最初に習ったときに思いませんでした?私だけかな?(汗)

そして、学校の文法の授業でよくよくpeopleの使い方とかいろいろ先生が口酸っぱくして言っていたかも・・・。

先生が何か言ってたけど、ちょっと忘れちゃったって人も大丈夫!

授業嫌いで寝ちゃってた(私みたいな)人もさらーっと使い方をおさらいしてみましょう!

よくよく間違えやすい例を3つの項目でまとめてみました。

 

————————————————————————————–

この記事はこんな方にオススメ!

  • Peopleが単数か複数かよく間違える人
  • 英文法のミスを少しでも減らしたい人

————————————————————————————–

間違いやすいpeopleの使い方①国籍・民族には使えない!

[btn class=”bg big”]American people eat a lot of meat.[/btn]

どこが間違ってると思いますか?

実はこの場合peopleは使いません。

この場合、以下のようになるのが正解となります。

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「Americans eat a lot of meat.」[/btn]

このようなnationality(国籍や民族)に関する部分はpeopleは使わずにAmericansやCanadians、Asiansのように複数形にして使いましょう。

同じように、ある宗教の信仰をもってる人たちを

Christian(キリスト教の信仰を持つ人)、Muslim(イスラムの信仰をもつ人)、Buddhist(仏教徒)と言いますがその場合も同じです。

Christian peple believe in Jesus Christ.」ではなく

Christians believe in Jesus Christ.」となるわけです。

間違いやすいpeopleの使い方②ofとPeople

[btn class=”bg big”]「Most of people dread death.」[/btn]

この場合、実はofは必要ありません。

「(世間一般の)たいていの人々」と言いたい場合、こちらが正しい使い方となります。

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「Most people dread death.」[/btn]

同じようにmanyやsomeもそのままpepleをつけて、ofは使いません。

 

ただ例外はあります。

A lot people study English.」という文章があります。

今まで通りのルールでいくならこれでOKだと思いますよね。

しかし、この場合ofが必要になります

A lot of people study English.」

a lot of〜で1つの熟語となるので、こちらを使うのが正しくなります。

間違いやすいpeopleの使い方③Peopleは単数でなく複数扱い!

[btn class=”bg big”]「Every people has a right to live.」[/btn]

誰もが生きる権利を持っていると言いたい場合、

これは間違い!

Everyのあとにpeopleは使えません。

これはEvery〜単数扱い、Peopleが複数扱いになるためです。

[aside type=”warning”]Peopleは漠然とたくさんの人が集まったイメージ、Every〜は「単体が多く集まった集合体」のようなイメージ[/aside]

 

そのため、この場合ではEverybody、Everyone、Every personを使います。

 

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「Everyone has a right to live.」[/btn]

 

では、あらゆるという意味のAllを使うときはどうでしょう。

[btn class=”bg big”]「All people has a right to live.」[/btn]

今回もこれではダメなんです。

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「All people have a right to live.」[/btn]

こちらが正しくなります。

 

では、この文章でも考えてみましょう。

[btn class=”bg big”]「People needs to eat.」[/btn]

もうここまできたら分かりますよね?もちろん、これも×!

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「People need to eat.」[/btn]

これが文法的に正しい英語になります。

逆に上で説明した「Everyone 」などを使う場合は、「Everyone needs to eat.」が正しくなるのです。

 

ざーっとひと通りまとめてみましたが、いかかがでしたか?

peopleの使い方なんとなくわかったでしょうか?

英語で話したり、聞いたり、書いたりする場面でとっさに正しくpeople使えるように、色々な例文などをみてpeopleの使い方マスターしていきましょう。

Related posts: