【初心者が使える】英語で電話をかける時に使える場面別表現まとめ

【初心者が使える】英語で電話をかける時に使える場面別表現まとめ

「英語で電話をかけるなんてできないよ…」と、仕事の最中に困ってしまったことはありませんか?

どうしても海外に電話をしなければならない場面は長く社会人をやっていると出てくることもあるかと思います。この記事は、英語が全く話せない初心者でもなんとかしなければならない人の役に立つために「英語で電話をかけるフレーズ」を場面別にまとめました。

ネットで「英語_電話_かける」と調べても、結局どの表現がいいのかよく分からないし、そもそも場面別にまとまっていないから、例文を見ながら話せないだろうと思いますので、困った時はこのページをぜひ開きながら、電話をかけてみてください。

電話を英語でかける時は、電話を受ける場合と違って時間的にも心的にも余裕があるので、事前に話す事柄をまとめておきましょう。もちろん、担当者が不在などという可能性がありますので、その場合は自分の名前・会社名・部署名・用件などを箇条書きにして、相手に伝えます。

それでは、英語で電話をかけるときにすぐ役立つ電話の場面別英会話表現を紹介します!

自己紹介をする

初めて電話をかける相手には、自分の氏名・企業名・部署名をまず伝えましょう。電話をかけてきた人が何者なのか分からない電話相手の人も戸惑ってしまいますよね。

ここで注意したいのは、「I am 〜」と言うのではなく、「This is〜」と自己紹介をすることです。日本人の感覚としては「My name is 〜/I am〜」という自己紹介が基本になりがちですが、英語で電話をかける時は少しフォーマルな感じを出すために「This is〜」と言うフレーズを使います。

その後、どういう経緯で連絡先を知ったか、過去にどんな関係があったかなどを簡潔に説明することが必要です。

・ Hello. This is Cul-chan from Gloture.
「こんにちは/株式会社グローチャーのカルちゃんと申します。」

取り次ぎを頼む

会社や部署の代表に電話をかけるときの英語表現です。

話をしたい相手をハッキリ伝えて変わってもらいましょう。ぶっきらぼうにChange!と伝えると大変失礼ですので、以下のフレーズのように丁寧な英語を選んで話しましょう。

ちなみに、「Can I〜」と頼む表現の方が砕けた言い方で、「May I〜」と頼む方がフォーマルな言い方になります。

・ May I speak to Mr. Pikachu , please?/ I’d like to speak to Mr. Pikachu.
「ピカチュウさんをお願いします。」

→「May I speak to〜」で「〜さんと話せますか?(お願いできますか?)」という意味になります。ポイントはtoという前置詞を忘れないようにすること。「〜に話しかける時は”to”」「〜と単純に話す時は”with”」になるので、こちらも合わせて気をつけましょう。

・ May I speak to Mr. Baymax at extension 007?
「内線番号007のベイマックスさんをお願いします。」

Extention=内線という意味です。相手の内線番号をすでに持っている場合は、電話をかける際に準備して臨むようにしましょう。

・ May I have extension 007, please??
「内線の007をお願いします。」
・ Could you put me through to the sales department?
「この電話を営業部に回していただけますか。」

「〜部」は「Division/Department」、「〜課」は「section」という英語でそれぞれ表します。よくある部署の英語表現を少しあげて見てみましょう。

・管理部: Administration Department 
・管理課: Administration Section
・海外営業部:Overseas Sales Department
・海外営業課:Overseas Sales Section

・ I’d like to speak to someone in charge of marketing.
「マーケティング担当の方をお願いします。」

「in charge of〜」で「〜に責任がある=〜担当」という意味のイディオムとなります。TOEICにも頻出のビジネス英語表現ですので、しっかりと覚えておきましょう。

・ Could I speak with the customer center officials, please?
「カスタマーセンターの担当者をお願いします。」

用件を伝える

一般的には用件を伝えます。

・ I’m calling to ask a few questions about your new product.
「御社の新製品について少々お聞きしたいのですが。」

→「I’m calling to〜」で「〜について電話しています」という意味の英語です。toはto不定詞のtoなので、必ず動詞の原形がくることに注意しましょう。

・ May I have a bit of time?
「お時間少々よろしいでしょうか?」

→電話をかけた時に相手が仕事で忙しい可能性があるので、お伺いを立てるのであればこのフレーズは大変役に立ちます。

同様の表現で、「Is this a good time for you to talk?」という英語表現もありますので、気分で変えて使ってみましょう。

・ I’m returning your call.
「折り返しお電話致しました」

→returnはカタカナにもある「リターン=戻る」なので、「折り返しています」という意味を表す英語だと覚えてください。

・ The reason for my call is to inform you that the next meeting will be held on18th May.
「電話をおかけしたのは、次のミーティングが5月18日に開催されることをお伝えするためです」

→「The reason for my call is〜」で「〜の理由ため、電話をかけました」という意味になります。

かけた相手が電話に出られない場合

かけた相手が不在とわかった時、戻りの時間を聞いたり、次の行動を伝えたりできるようになりましょう。
また、人を通じて伝言を残す時の表現を見てみましょう!

・ What time is he expected back?
「何時ごろお戻りですか?」
・ I’d like to leave a message.
「伝言をお願いしたいのですが。」
・ Would you tell him to call back Culture?
「カルちゃんまで折り返しお電話をいただけるよう、お伝えいただけますか?」
・ Could you tell him Culture called and that I’ll call back later.
「カルちゃんと申しますが、後ほど改めてお電話を差し上げるとお伝えください。」
・ I’ll call him again.
「改めてご連絡(電話)いたします。」
・ Would you ask him to call me back before 12?.
「12時までにお電話をくださるようお伝えいただけますか?」

電話を切る

用件が済んだことを伝え、挨拶して締めくくりましょう!

・ Thank you for your help.
「ご協力ありがとうございます。」

→電話をかけ終わる時の定番フレーズですね。海外旅行などでも使う場面の多いフレーズなので、英語レベルに関係なく全員覚えておきましょう!

・ I’m looking forward to seeing you next time.
「次回お会いできますことを楽しみにしております。」

→「be looking forward to〜ing」で「〜することを楽しみにしております」という英語表現になります。

・ I’m looking forward to seeing you next time.
「次回お会いできますことを楽しみにしております。」

留守番電話へのメッセージ

・ Hello.This is Culture Gloture of Gloture co.,ltd. I’ll calling about XXXX. Please give me a call when you get back. My cell phone number is 012-3456-7890. Thank you.
「こんにちは。株式会社Glotureのかるちゃんです。XXXXの件で電話しています。お戻りになられましたら電話してください。私の電話番号は012-3456-7890です。どうぞよろしくお願いします。」

その他の電話表現

・Could/Would you hold on?/ Just a moment please?(少々お待ちください)

→英語ができない人でも、これさえ覚えておけば社内の英語ができる人に繋げられるまでの時間稼ぎになりますので、いざという時のために覚えておきましょう。

・Could you speak more slowly please?(もう少しゆっくり話していただけませんか?)

→相手が早口で英語を話してきた時にお願いするフレーズです。英語に不慣れな日本人に必須の電話英語フレーズですね。

・Could you say that again please?(もう一度おっしゃっていただけませんでしょうか?)

→英語で電話をしていると聞き取りづらいこともしばしば。そんな時に、相手にもう一度話してもらうための一言がこのフレーズです。

まとめ|【初心者が使える】英語で電話をかける時に使える場面別表現まとめ

英語で電話をかける時の場面別表現のまとめ記事、いかがでしたでしょうか?

英語で電話をかける時はとても緊張してしまいますが、ゆっくりでもいいので、ハッキリと分かりやすく話すようにしましょう!

読者の皆さんが、英語で気軽に電話をかけられるビジネスパーソンになることを祈っています!

【初心者が使える】英語で電話をかける時に使える場面別表現まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!