「誤解しないでください」を英語で言うと?

ビジネスにおいて信頼を得るためには、会議室での交渉には些細な言い回しや相手への気遣いがすごく大切です。相手を怒らせたりしては、伝えるべきことがちゃんとビジネス英語でできていても効果半減です。

お説教になるようなことをそのままストレートに伝えると、相手にも嫌われてしまうので、関係が悪化する可能性もあるでしょう。そこで、相手がむっとしてしまうかもしれないことを言う場合の前置きとしてよく使う表現が必要です。

①Please don’t get me wrong.

➡︎誤解しないでほしいです。

②There’s something I think you should know.

➡︎ちょっとしっておいたほうがいいことがあるんだ。

③I don’t know how to tell you this,…

➡︎なんていったものか。。。

④You might not like what I have to say, but…

➡︎こんなことを言われても面白くないかもしれないですが、。。。

⑤I wish I didn’t have to tell you this, but…

➡︎こんなこと言いたくないんだけれど。。。

ì˙ñ{åÍ_ãæÇäœÇƒÇÊǵ

「相手を不快な思いにさせない」ことをちゃんと注意すれば、どのような場合にコミュニケーションがうまくとれるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!