採用条件にある「ビジネス英語レベル」とは、どの程度のレベル?

企業が採用条件として挙げる英語のレベルに「ビジネス英語」というのがあります。

実際にどのくらいをもってビジネス英語 レベルに達しているのか判断が難しいと思われる方は多いでしょう。

「TOEICの点数が低いと意味がないのではないか?」あるいは「点数が低くても大丈夫なのか?」と、企業側の意図を判断しかねることがあります。

採用条件のビジネス英語のレベル目安

一般的に、TOEIC スコア 目安としては700~800点程度が応募可能ラインだといえます。

無論、高得点であればプラス評価となる可能性は高いですが、評価の基準はあくまでも試験の点数だけではなく「実践的な英語力」です。

600点程度でも可能性がないとはいいませんが、これは定型化された英文メールのやり取りなら可能なレベルと判断されるでしょう。

自分自身のビジネス 英語力がどのくらいのレベルなのかをアピールする場合、それに説得力を持たせる必要があります。留学や海外在住経験等がある場合、確かに強力なアピール方法となりますが、全ての方がそのような方法を使えるとは限りません。

どのように採用時に英語力をアピールするか?

では、どのような方法によればよいかというと、「実践的な状況を想定してアピール」することです。

多くの日本人は会話表現が苦手です。これは英語教育の中で会話を重視していないのが原因とされておりますが、実際に会話が必要となる状況を想定し、その内容を的確に表現できることをアピールするというのが有効な方法です。また企業側としてのそのようなレベルを要求しています。

例えば「道を聞かれたらどう案内するか」といった簡単な表現に始まり、よりビジネス英語として実践的な内容を想定した場合、「会議が何時からあって、どの場所で行われるか」といったような内容です。実際に英語での問合せ、あるいはそれに対する回答が的確に出来る事をアピールすることで「ビジネス英語ができる」ということの証明が可能となります。

また、英語でコミュニケーションをとる相手が必ずしもネイティブだけとは限りません。非ネイティブの相手とコミュニケーションをとる場合、独特の発音や聞き取り方、あるいはお互いの意思疎通の不十分をカバーする方法等もビジネス英語の一つだといえます。

Related posts: