【英語上級者からの経験シェア⑧】英語初心者が意識すべき3つの勉強方法

【英語上級者からの経験シェア⑧】英語初心者が意識すべき3つの勉強方法

初めまして、Kです。

グローバル社会と言われる世の中。英語の重要性は日に日に高まっていることは誰もが感じていることでしょう。

そこで今回は私がグローバル社会を生き抜くために培ってきた英語力向上のポイントをご紹介致します。

●ポイント1:英語に慣れる!

英語力を向上したいと思っている方はまず、この「英語に慣れる」ということが必要になるでしょう。

ご存じの通り英語は言語なのです。

もっと言うと、コミュニケーションを取るためのツールです。ツールは自分で実際に使って慣れていくしかないのです。

そのために、まず英語学習の初めに行うことは、洋楽、洋画、英語学習教材のCDなどを利用して英語を聴くことです。自分の好きな音楽や映画などであれば無理をせずに楽に英語に慣れていくことができます。逆に今までの日本の英語教育に倣って紙面上で英語を理解し、覚えても実際の英会話やTOEICのリスニングでは恐らく力を発揮することはできないでしょう。

したがって、まずは耳で直接発音を聴き、その発音をもとに文字を覚えていくという英語学習法を私はお勧めします。その英語勉強法の方が遥かに効率的かつ効果的だからです。

●ポイント2:英語を発音する!

最初からかっこよく流暢な英語が発音できると思わないことが一番肝心です。

かっこ悪くてもいいのでまずは自分の口で発音することが大切です。

そして、できればテキストなど、発音する文章を実際に見ながら発音するのが良いでしょう。そうすることで格段に英語の定着率はあがります。

私自身も英語勉強の一環でよく音読、暗唱をしていました。

私の体験ですが、そうすることで、日本語とは全く異なっている英語の文法が自然な考え形なのだと脳が勘違いをし、自然と頭の中で理解する回路が日本語を理解する時から切りかわっていきました。

英語が苦手な人は主に英語を頭の中で和訳して理解しようとするので、自分の知らない単語が出てきたときに意味をつかむことができないという状態に陥りがちです。

そうではなく英語を英語のままで理解していく脳を作り上げていくことが重要になるのです。

●ポイント3:推測する力を高める!

TOEICやTOEFL、英検といったテストで高得点を取りたいと考えている方は、推測する力を高める必要があります。

注釈がある単語もありますが、自分の知らない単語も中には出てくるでしょう。そういったときに、前後の文脈からその単語の意味を読み解く能力が必要になります。

英語学習をされている方に、テクニック的な要素を一つ紹介しますと、英語の単語にはプラスの要素を持つ単語とマイナスの要素をもつ単語が存在します。それを文脈の中から読み解くことができれば、どのような内容になるのか想像をつけやすいです。

わからない単語が出てきた時こそ、前後の文章の内容をしっかりと読み、推測して読み進める英語勉強法を取り入れてみることをオススメします。そうすることに慣れれば、格段に誤答を減らすことが可能になるでしょう。

●最後に…

私自身もともと、英語が得意な方ではありませんでした。

幼少時代に父親の仕事の関係でイギリスにて8か月間生活をしていた経験があります。しかし、英語も話せずホームシックのような状態でしたし、その辛い経験があったため、どうしても英語が好きになれなかったのです。

しかし、現在は英語の面白さや英語が持つ魅力や可能性に気づいてからは、英語が好きになりました。

英語は自分の武器になり、今の時代を生き抜くために必要なツールです。また、異国の人とコミュニケーションを取ることができると、旅先でも多くの情報を得ることができます。

情報化社会である今、英語の重要性は以前よりも高まっているのでこれを機に英語学習を始めてみてはいかがでしょうか。

【英語上級者からの経験シェア⑧】英語初心者が意識すべき3つの勉強方法

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!