減点もったいない!TOEFL Speakingで足元をすくわれないための3要素

「TOEFLのスピーキングはどのように練習したら高得点を取れるんだー?!」

多くの受験生はこの壁にぶつかります。いくら練習しても上がらなさそうな気配があるスピーキングのスコア。以下の二つが原因である場合はほとんどでしょう。

一.単純に上達するやり方に則った練習が足りていない

二.スピーキングのスコアを上げるのに不利になる事を把握していない。

本日は、上の二つ目の原因:特に「あなたのスピーキングのスコアを上げるのにマイナスに働いている可能性の高い要素」を3つ、こっそりお伝えします。

普段の学習中でも、本番でも、楽に思い出せて結果的にあなたが高得点をとるための味方になってくれるでしょう。

①長めに解答をする

このTOEFLスピーキング高得点獲得の方法は答えを長くすること、つまり解答の中身を豊富にするという事です。これは、多くの受験生が実証済みの方法であり、明らかに長く話すこととスコアに比例関係があります。特にスピーキングが苦手で10点以下の場合は非常に効果を発揮します。

簡単な例でいうと「Where do you live?」の問いに対し、ベストな解答は必ず「I live in Japan」より長くするということです。単純にいってしまえば、おもっきり長めの内容で解答することで、「言語能力があり、解答に対する積極的な姿勢がある」ことを示せるのです。「I live in Japan.」でおわるひとより、「I live in Japan which is the greatest country on earth. Becuase…」というふうに長めに答えるのが理想です。

だから解答は必ず長めにしましょう。

② 解答時のリラックス具合

TOEFLのスピーキングテストは、採点官は受験生の顔が見えないため、受験生の音声だけが唯一の点数判断の基準となります。やたら言葉に詰まったり、どもってしまうと良い印象を与えるとは言えません。皆さん解答の時は必ずリラックスして臨みましょう。 でも、そんな気張らないでください。

理想的な状態は、スピキーングの解答が、まるで水が流れるようにサラサラ湧き出てくるように自然で流暢に話せることだと思いがちですが、普段の我々の生活スタイルを考えてみると・・・まったく止まることなくよどみなくペラペラ話す人なんて存在しません。

議論や発言の最中で、一度も途切れることなく話せる人など、人工知能(AI)かセリフを丸暗記した役者かココリコミラクルタイプの田中ぐらいです。一度も止まらずに、ペラペラペラーと話し続けることは、相当不自然なのです。

rator(採点者)に「あれ?なんか違和感を感じるな。」と思わせてしまうことや。テストの点数に悪い方向に働くだけなので止めましょう。

③ スピーキングを中断する「間」は5回まで?

受験生の間では、わりと有名(マイナーか?)TOEFLのスピーキングテストの解答で、発言を途中で中断するのは「5回まで」が限度と言われています。いくらパーフェクトの解答をしたとしても満点スコアがでなくなってしまいます。

高得点受験者の中でも抜かりのない人は、自分の解答を録音して、

・明らかに目立った「中断(途切れ)」がいくつあるか

をチェックしています。

解答中の「え~あ~」のような会話の途切れ、沈黙が多いならば、しらずしらずのうち低得点に繋がっているかもしれません。なので注意してください。

まとめると

リラックスして、諦めずに話しつづけよう

TOEFLスピーキングでは、リッラクスして自然に話し、なるべく長く内容の濃い解答を心がけましょう。諦めて黙るより、なるべくロジカルに必死になんとか話し続けることが功を奏します。

気合だけは、以下のMr.beanを参考にしましょう(5分6秒から注目)

 

沈黙は「自然なタイミング」で。

また、沈黙のタイミングや会話の途切れ方は、採点官が聞いて「自然」であることを心がけましょう。一般的に「自然」に会話を中断したり、沈黙のタイミングを作るテクニックとして、「well」「so」「you know」「its like」などがあります。ここらへんは普段の練習で、自然にできるようになっておきましょう。

以上です!

âpåÍ_ÉLÉâÅ[Éì

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。

EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。

TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。

英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!