【TOEIC満点者が教える】TOEIC800点には中高語彙と中学文法

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

TOEICは時間がタイトです。
始めて受けた人がまず驚くのはそのスピード感。

会場では問題用紙が配られてテストが開始するや否や、皆ばっさばっさとページをめくり、
何やら確認したりしますから、その慌ただしさに圧倒されます。

もっとも800狙いであればそこまで万全の対策で臨む必要はありません。
地道に積み上げた実力のみで到達します。

■ 語彙

TOEIC800の場合、高校生レベルで十分です。
難関大学受験レベルの語彙は必要ありませんから、高校レベルを確実にすべて覚えましょう。

このクラスの点数はコツをつかむだけで20点ほどはあっと間に伸びますが、
基礎語彙は必須です。

「environment」「celebrate」「praise」このレベルの単語を知っているだけで十分です。

ただ、品詞を十分に理解し、派生語となって少々形を変えて登場した時にも、
ぴんと来て正しいものを選べるよう、
派生語パターン(副詞なら「ly」がつく)などを学習しておく必要はあります。

■ 解ける問題から

TOEICリスニングは、音声と共に進めるだけですから、
全て解き切ることが可能です。

隙間時間にしっかり設問の下読みをしながら、
ひたすら音声に導かれて進んでいきましょう。

TOEICリーディングは、ぼやぼやしていると、まず最後までたどり着きません。

ただ、990点満点の800点なら、
全てを解く必要はありません。

解ける問題のみ集中して時間をかけて解き、
できない問題は手つかずで提出するのも一つの方法です。

■ TOEICリスニング勉強法

最初の方の単純問題で点を落とさないのは当然ですが、
後半の出題で、特に複合要素を総合的に判断する問題で混乱しないよう、
情報処理能力を高めておく必要があります。

そのためには、ニュース音声などを聞くより、
TOEIC用問題集のCDを聞きこむ方が手っ取り早く対策ができます。

英語力よりも「TOEIC力」と言われる所以はそこですから、
TOEICの点数に応じたTOEIC用問題集を使いましょう。

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

■ リーディング勉強法

リスニング同様、後半にかけ徐々に難易度が増すため、
最初の文法問題は「チラ見」程度のスピード感でどんどん解き進め、
後半のために時間をとっておく必要があります。

文法問題(読解問題以外)を30分ほどで解ければ理想的です。

ただ、800点を目指す英語力ではまだまだ、語彙を補うだけでは読解問題を解き切れません。
そのため、学校で学習したような基礎的な文法知識で解ける文法問題で丁寧に点を拾う必要があります。

読解に自信がないなら、
手つかずで残す長文があっても気にする必要はありません。

リーディングセクション7割の正解で約350点ですので、
そのあたりを目指すつもりで(リスニングで450点)できる問題を確実に解きましょう。

■ まとめ

TOEIC800点なら、
リスニングもリーディングも前半の基本問題を確実に取ることで十分手が届きます。

焦って全て解こうとせず、
すべきことを見極め本番に臨みましょう。