TOEIC Part7で求められる速読リーディングに必須の力

TOEIC Part7で求められる速読リーディングに必須の力

こんにちは、Dです。

東大大学院を出ながらくすぶり続けて10年、TOEICの点数アップを実現できたことで何とか生きてこられた三十路男です。

【英語上級者からの経験シェア④】TOEIC860点を取って社内異動のためにリスニングを200点上げた話

2017.01.18

TOEIC対策の中でも手薄になりがちなリーディング。

今回の記事では、TOEICのリーディングセクション(Part5~7)の点数アップを実現するために必要不可欠な、速読の勉強について考えてみます。

TOEICはリスニングだけではない!リーディングの重要性について

「日本人は英語のリスニング(とスピーキング)が苦手」と言われているせいか、TOEIC対策と言うとリスニングを取り上げることが多いように思います。

しかし、TOEICの配点ではリスニング(Part1~4)もリーディング(Part5~7)も同じ495点、重要度は一緒なんです。

しかも、平均点で見るとリスニングよりリーディングの方が低いというのは、実はあまり知られていないのではないでしょうか。

以下のページから、過去1年分のTOEICテストの平均点を見ることができます。

TOEICテスト | 公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

こちらを見ると、リスニングの平均点が概ね310~320点台であるのに対し、リーディングの平均点は250~260点台。毎回50~60点ほど差がついているのです。

つまり、多くのTOEIC受験生はリスニングよりもリーディングの対策ができていないんですね。

TOEICのリーディング問題にはクセがあって、きっちり対策しないと点数が伸びません。スコアアップのためには、リーディングの勉強が重要です。ご理解いただけましたでしょうか。

TOEICでは「速読」しないと時間が足りない!

ここで言う「クセ」とは、まず時間配分の特殊性を挙げることができます。

大学入試までの要領で悠長に解いていると、あっという間にリーディングセクションの75分間が終わります。本当に、ビックリするほどあっという間です。

そして、このリーディングセクションで明らかに時間がかかるのは、長文を読み続ける必要のある最後のPart7。

75分のうち20~25分をPart5と6、50~55分をPart7に割くぐらいの時間配分がよいでしょう。

この時間で問題を解き終わるためには、はっきり言って一般的な「速読」ぐらいでは足りません。

TOEICに特化した速読でないと、とてもではありませんが終わりませんよ。

したがって、よく言われる「大量に文章を読もう」「英字新聞を読もう」などといった対策は、間違いではありませんがベストの勉強法でもありません。

もちろん大量の英文に触れることは必要ですが、なるべくTOEICの過去問や問題集で、TOEICに出るような文章を大量に読むようにしましょう。

繰り返しになりますが、一般的な「速読」とTOEICが求めてくる「速読」は別物です。割り切って、TOEICに特化した速読を身につけるようにします。

TOEICで求められるリーディング=「速く解く」

TOEICに特化した速読とは、言ってしまえば「問題を速く解くこと」です。

へりくつのように見えるかもしれませんが、実はTOEICでは速読ができなくても速く問題が解ければいいんですよね。

もう少し分かりやすい言い方をしましょう。正解の選択肢を選ぶためのカギさえ文中に見つけられれば、全文をちゃんと読む必要は全くないわけです。

その意味で、問題文を読んでから本文を読み進めるのは当然ながら大事なポイント。たくさんTOEIC演習を積んでいると、カギを見つけるのがうまくなってきますよ。

あと、しばらく読んでいてもカギが見つからない問題については、バッサリ切り捨てて次に進むのも重要です。

目安としては、Part5と6については一問当たり30秒から1分、Part7については一問当たり1分かけても分からない場合は、次に進むようにしましょう。

中には、難しい問題も易しい問題もごちゃ混ぜになっています。易しい問題を確実に取った方が、結果的にスコアは上がりますからね。

まとめ:TOEICに特化した速読法を勉強して手っ取り早くスコアアップ!

「仕事に活かす速読法」となると、また別の話になります。

しかし、TOEICのリーディング問題のための速読法となると、「読む」よりも「解く」に重点を置いて対策を立てた方が効率的です。

最初にお伝えしたとおり、リーディング問題はTOEIC対策の穴になりがち。大学入試までのリーディングとは異なる要領が必要ですから、忘れずにしっかり対策してくださいね。

しっかり勉強時間を取れば、確実に点数は上がりますよ。

TOEIC Part7で求められる速読リーディングに必須の力