【スコア別解説】転職活動でのTOEICスコアはどこまで求められるのか?

【スコア別解説】転職活動でのTOEICスコアはどこまで求められるのか?

就職や転職のためにTOEICのスコアを上げておきたいと思っている人は多いと思います。

グローバル化が進む中で、履歴書や職務経歴書にあるTOEICのスコアは選考時の目安とされることもグッと増えてきています。どのくらいのスコアが基準値となるのか、英語レベルごとに求められることを見ていきましょう。

具体的なTOEIC点数と企業側の意図

TOEICスコア企業側の意図
900~外国人顧客や取引先の場合でも交渉や折衝ができる人材の獲得
800〜900英語による議論ができ、海外赴任できる人材の獲得
700〜800英語の資料や社内文書を理解できる人材の獲得
600〜700海外の取引先からの電話やメールの対応できる人材の獲得
500〜600 将来的な海外展開の布石となる人材の獲得

 

TOEICは書類選考時の目安

求人に応募する条件の中にTOEICスコアが示されていることもあります。もちろん、高いスコアが取れていることに越したことはありません。知っておくべきなのはTOEICのスコアが内定獲得の絶対要因になることはないということです。

企業が基準値としているそのTOEICスコアが、英語でどんなことができることを求めているのかを把握して、その能力を備えておくことが大切です。

企業の基準TOEICスコアが求める英語力

英語力が必要と一口に言っても、そのレベル範囲は様々です。海外との接点が増え、外国の人たちと一緒に働く機会も多くなっている現代では、企業が求めるTOEICスコアの基準値も上昇傾向にあります。

 

転職で求められるTOEICスコア:900点~

TOEICで900点以上の人が受験者の何割いるか?

公式サイトによると、900点以上の人数は受験者全体の2%程度です。

スコア900レベルを求めている企業は、ネイティブレベルではないにしても日本語で仕事をする時と同じような成果が出せることが期待されているでしょう。

例えば、多国籍な組織の中で戦略を練り英語での社内/社外の意思疎通によって浸透させ遂行できること、外国人顧客や取引先の場合でも交渉や折衝ができるというレベルです。

英語をほぼ流暢に使いこなせることを点数で測っていると思われて間違いありませんので、900点以上を求められた場合は英語で問題なくどのような仕事もできる人という期待が込められていると意識するようにしましょう。

TOEICスコア900点を求めている企業

高度すぎるため、このスコアを採用基準として設定する企業は少ないですね〜

  • サムスン(採用基準)
  • パナソニック(国際広報)

 

転職で求められるTOEICスコア:800点~

TOEICで800点以上の人が受験者の何割いるか?

公式サイトによると、800点以上の人数は受験者全体の11%程度です。

スコア800レベルを求めている外資系の企業などは、本社とのやり取りも頻繁になります。本社からの周知事項、レポートや連絡等のほとんどが英語になるでしょう。社内のメンバーは多国籍になる確率も高いので、ミーティングをはじめ、日常的な意思疎通に支障のない英語レベルが必要になります。

TOEIC900点に比べるとまだ甘くは見られますが、それでもスムーズにスピーキングやライティングできる力が重要視されるでしょう。

TOEICスコア800点を求めている企業

  • 大正製薬(海外事業)
  • ソニー株式会社海外マーケティング
  • 楽天株式会社(グローバル人事)
  • パナソニック(海外営業)
  • 住友不動産
  • 野村不動産
  • 日立製作所(経営幹部)
  • KDDI(事務・技術職の配属、異動)

 

転職で求められるTOEICスコア:700点~

TOEICで700点以上の人が受験者の何割いるか?

公式サイトによると、700点以上の人数は受験者全体の25%程度です。

日本国内の企業でもスコア730点を目安にしているところは多く見られます。

業務上の全てに英語が必要なわけではなく、海外の取引先からの電話やメールの対応、海外出張が発生することがある等のライトな場合は、TOEICスコア700が一つの基準となるでしょう。

700点まであれば、基礎的な英語を使う素地があることの証明になります。

TOEICスコア700点を求めている企業

  • 独立行政法人 国際協力機構(JICA) 青年海外協力隊事務局
  • 三菱自動車工業株式会社(海外営業)
  • 日産自動車株式会社(海外営業)
  • NTT東日本 ファーストリテイリング
  • 伊藤忠商事
  • ファーストリテイリング(本部管理職)
  • キリンビール(事務・技術職の配属、異動)
  • 資生堂
  • シャープ
  • みずほ証券
  • 双日
  • 日本IBM

など…

 

実践力を身につけることの大切さ

スコア別でここまで話をしてきましたが、転職活動で書類選考を通過した面接時に、採用側が聞きたいのはTOEICのスコアがどれくらいかなのではなく、「英語で何を、どこまで行うことができるのか」ということです。

業界や業種によって特定の専門用語や言い回しも発生します。営業系なのか事務系なのかによっても、英語で何をするか・どんなシーンで使うのかが異なります。

【外資転職決定版】英語面接でよく聞かれる質問と答えTOP8

2015.09.22

転職時には、希望する企業や応募する職種で「どんな英語活用が必要になるのか」を把握することがとても大切です。それが面接でのアピールポイントにもなります。もちろん、そこにフォーカスしてスキル向上を図っていくことが、面接時などはもちろん、転職してからも役立つことになるでしょう。

 

【スコア別解説】転職活動でのTOEICスコアはどこまで求められるのか?