勉強した英語、使いこなせてる?ワーキングホリデーで叶える英語力UP!

勉強した英語、使いこなせてる?ワーキングホリデーで叶える英語力UP!

みなさんこんにちは、Mです!

英語を勉強してはいるけどなかなか伸びない、いざ話すとなるとうまく話せない。たくさんの英語学習者が同じような悩みを抱えていると思います。

そんな方にオススメしたいのが、英語環境に身を置くこと。留学やワーキングホリデーです。

今回は、その両方を経験したわたくしMが、ワーホリの魅力を紹介したいと思います!

 

まず確認!2017年現在ワーキングホリデーで滞在できる英語圏の国は?

現在日本とワーキングホリデー制度の協定を結んでいる国は計14カ国。そのうち英語圏の国は、アイルランド・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの5カ国です。

2017年現在、この5カ国のどの国も18~30歳の人を対象にワーキングホリデーで滞在することを認めています。

申請方法や料金は各国によって違うので、最新情報をよく確認してから申請しましょう!

 

ワーホリで英語力が伸びるわけとは?

働き、旅をしながら英語環境に身を置ける、英語学習者には嬉しい制度”ワーキングホリデー”。日本では作るのが難しかった100%の英語環境も、ワーホリでは自分次第で作ることができます。

私自身もワーホリで英語力がグンと伸びた人の一人ですが、一体ワーホリの何が英語力UPに繋がるのでしょうか?

私の経験から出た答えは3つ!

・英語で働くため、英語を使いこなさなければならない状況になる

旅行や留学でも英語を使う機会はたくさんありますが、英語で働くとなるとその難しさは何倍にもなります。もちろん職種にもよりますが、上司や同僚とコミュニケーションをとったり、お客さんの対応をしたりと、日本語でも大変なことを英語でしなければいけません。

最初はガチガチに緊張し、失敗もあるでしょう。でも大丈夫です!人間の環境に適応する能力をあなどってはいけません。もちろん努力は必要ですが、自ら試練の場に置くことで、飛躍的に英語力がUPします。

 

・アウトプットが多い

ワーキングホリデーに行く前に語学留学を経験した私ですが、両方を体験して感じたのはそのインプットとアウトプットの量の違い。

語学留学では授業や宿題などでたくさんの英語に触れますが、どうしてもインプットが多くなりがちです。もちろんプレゼンをしたり、友達やホストファミーリーとコミュニケーションをとったり、地域のボランティアに参加したりと、アウトプットをする機会もたくさんあります。

しかし、英語を使い、常に能動的に動かなければならないワーキングホリデーでは、語学留学時の何倍もの量のアウトプットを必要とします。英語をどんどん使うことで、口は英語を話すことに慣れ、頭も英語で考えられるようになってきますよ。

 

・様々な国の友達ができる

ワーキングホリデーでは、同じようにワーホリでその国に来ている人、または世界を旅している人など、様々な人との出会いがあります。英語のレベルでいえば、英語圏の国から来ている人や、英語圏以外の国出身でも英語をとても流暢に話す人、一生懸命勉強している人など、様々なレベルの人と知り合うことができます。

こうして生まれた、もっと話したい・もっと相手や相手の文化を知りたいという気持ちが、あなたの英語力をグンと伸ばしてくれるのです。

勉強した英語、使いこなせてる?ワーキングホリデーで叶える英語力UP!

これでもっと英語力UP!ワーホリで効率的に英語力を上げるコツ

・しっかりと英語の基礎を築いてからワーホリに挑む

ワーキングホリデーを実りある経験にするためには、事前の準備が肝心。独学や留学で必死に頑張ったインプットが、ここで活かされて来ます。英語の基礎、できれば応用までも築いておいて、それをワーホリで実際に使いながら自分のものにしていく。アウトプットの前にインプットは欠かせません。

 

・出会いが多い宿に滞在する

滞在先は断然バックパッカーがおすすめ。慣れない人は抵抗があるかもしれませんが、バックパッカーには出会いのチャンスがいっぱいあります。ホテル滞在では関わることがなかった他の宿泊客とも、バックパッカーならドミトリーやリビング、キッチンなどで自然に出会うことができます。

英語を使う機会も増え、文化の違いについて話したり、仕事情報を交換したりと、いいことたくさん!盗難などの安全面だけはしっかり気をつけて、楽しく滞在して下さい。

 

・自分より上の英語力の人と付き合う

友達でも恋人でもそうですが、自分より英語レベルの高い人と付き合うことで、こちらの英語力がグンとUPします。同じくらいのレベルの人と一緒にいるのは、とても楽で楽しいのですが、英語を身につける面からすると吸収できることはあまり多くありません。

英語レベルの高い人と付き合うことで、自然に自分もそれに追いつこうとします。相手の口癖がうつったり、いいなと思った言い回しを盗んで使ってみたりと、いいこと尽くめです。

 

・インプットも忘れずに

ある程度英語を使いこなせるようになっても、吸収することをやめてしまうと英語レベルはそこでストップ。仕事に遊びに旅にと、忙しいワーホリですが、インプットすることも忘れてはいけません。

教材などでも勉強できますが、是非英語圏にいることを最大限活用しながらインプットしてみてください。テレビを見るもよし、ラジオを聞くもよし。本屋さんで好きな本を買って読むのもいいですね。

個人的に言うとテレビは特におすすめ。海外ならではのリアリティショーや料理番組、リフォームの番組など、自分の好きな番組だと勉強もはかどります。字幕表示させて見ると、メモも取りやすいのでおすすめです。

 

まとめ

英語だけの環境に身を置くことは、英語上達への近道。

特に詰め込み式で英語を勉強してきた私のような人にとって、英語に囲まれて思う存分アウトプットを実践できるワーキングホリデーという制度は、本当にありがたいものです。

勉強の割には思うように英語を使いこなせていないという方は、是非ともチャレンジしてみてください!

勉強した英語、使いこなせてる?ワーキングホリデーで叶える英語力UP!