「Happy」という英単語は、とてもポジティブでいい言葉ですが、幸せなことや嬉しいきもちを表現するとき、いつもHappyだけ…なんてことありませんか?

「悲しい=Sad」や「混乱する=Confused」でも、その時々で程度が異なるものですよね。できるだけ自分の気持ちに近い表現ができるよう、感情表現のレパートリーを増やしましょう。

 感情表現のフレーズのキーポイント

上級者が感情を表す新しいフレーズに触れていく時のキーポイントを3つ紹介します。

1. イディオム

感情表現の多くにイディオムが使われています。単語だけでは意味が取れないことも多いですが、一度そのイディオムの背景を理解すると、とたんに扱いやすくなります。英語の世界らしい興味深いものが多いので、ひとつひとつチェックして覚えていきましょう。

2. コロケーション

単語にはある表現をするときの組み合わせのルールがあります。この表現を間違うと、おそらく意味は受け取ってもらえますが、間違った表現は相手にとって明らかなもの。感情表現の中ではこのコロケーションがよく出てくるので注意しましょう。

3. 句動詞

動詞と前置詞が組み合わさったものが句動詞です。同じ動詞でも前置詞が変化することによって、さまざまな意味に変化します。句動詞も感情を表す表現に多く登場します。

 感情表現のフレーズ

1. Happy「幸せ」

  • Flying high

とってもとってもハッピーだという表現で使います。

She’s flying high after the successful product launch.

(製品リリースに成功し、彼女はとてもハッピーだ)

  • Pumped up

いい意味でとても興奮、エキサイトしているという意味です。

He’s pumped up for his first half-marathon race this weekend.

(彼は今週末のハーフマラソンに向けて気持ちが上がっている)

  • Fool’s paradise

幻想の幸せを抱いていること、ぬか喜びの意味、

You are living in a fool’s paradise! Your boss isn’t going to promote you!

(ぬか喜びしすぎよ!あなたの上司はあなたを昇進させようとしていないわよ!)

2. Sad「悲しい」

  • Be down in the dumps

気分が落ち込むこと、希望がないと思うこと

I always feel down in the dumps when I go back to work after a long weekend.

(長い休日の後に仕事に行くと、僕はいつも気分が落ち込むんだ)

  • Be at the end of your rope

難しい局面で成す術がないことにとても動揺していること

Helen is at the end of her rope after looking for a job for months without any luck.

(ヘレンは数ヶ月仕事を探したが見つからず、とても動揺している)

  • Grief-stricken

極度の悲しみを抱えていること

After his partner died in a car accident, he was left grief-stricken.

(パートナーを自動車事故で亡くし、彼はひどく落ち込んでいる)

3. Angry「怒る」

  • Bite someone’s head off

怒りを誰かにぶつけること

I just asked one question to confirm his request, and my boss bit my head off.

(私が上司のリクエストを確認するために質問をしたところ、彼は私に怒りをぶつけた)

  • Black mood

イライラ、怒り、憂鬱など機嫌がよくないということ

She’s scared to ask for a day off as her boss is in a black mood today.

(イライラしている彼女の上司に休みを取ることを頼むのを彼女は怖がっている)

  • Drive up the wall

怒らせる、苛つかせる、気を狂わせるの意味

His constant whining drove me up the wall, so I left.

(彼はずっと愚痴を続けて私を苛つかせるので、席をたった)

4. Scared「怖い」

  • butterflies in your stomach

緊張すること、落ち着かないこと

I’m going to have the first meeting with a big client tomorrow, and I’m feeling butterflies in my stomach.

(大手のクライアントとの初めての会議が明日あり、私は緊張している)

  • Afraid of your own shadow

怖がりなこと

After reading “Dracula,” she became afraid of her own shadow.

(ドラキュラを読んだ後、彼女は怖がりになった)

  • Petrified of

ものすごい恐怖を感じて動けなくなったり、考えられなくなること

In the “Harry Potter” series, Ron Weasley is petrified of spiders.

(ハリーポッターシリーズでは、ロン・ウィーズリーは蜘蛛がとても苦手だ)

5. Confused「混乱する」

  • Feel out of it

平常心を失っている状態、いつもの感覚ではない

He just woke up from a night of heavy drinking and felt so out of it.

(彼は飲みすぎの状態から起きてたのでいつもの感覚では無かった)

  • Puzzle over

頭を悩ませる、当惑する状態

I puzzled over the assignment for a few days before I decided to ask my professor for clarification.

(教授に説明を聞こうと決める前、私は数日間宿題に頭を悩ませていた)

  • Ambivalent about

相反する感情、態度、思考を持つこと

He’s ambivalent about quitting his job to start his own business; he wants his freedom, but there are risks.

(彼は起業するために仕事を辞めることを悩んでいた。彼は自由を求めつつもリスクも感じていたからだ。)

(Visited 4 times, 1 visits today)

Related Post

日常英会話を勉強するために使えるおすすめの参考書&教材とは?... 英会話を学ぶためには、オンライン英会話や英会話スクールなどで実際に人と会話することが不可欠ではあります。 しかし、英会話で使えるフレーズを覚える・聞けるようになるためには参考書を購入するのがおすすめです。 知識のないうちから人と話すよりも、参考書を購入した方がコストパフォーマンスが高いと言えます...
「念のため確認させてください」のビジネス英語表現〜ビジネス英会話❽〜... 「(念のため)確認させてください」と英語で言いたい時の表現をご紹介します。「確認させてください」と「念のため」で解説の都合上分けている部分がありますが、実際に英文で「確認させてください」と使うときは「(念のために)確認させてください」というニュアンスを含むことが多いので、あまり気にしないでO...
【理論編】外資系投資銀行マン&商社マンが語る。英語は「5つの母音の発音のルール」をおさえてから始めよ... こんにちはカルちゃんです。今日は、数年来の知人であり飲み友達であるF君に、英語学習における「発音の重要性」について語ってもらいました。 F君は、新卒で米系投資銀行⇒大手総合商社⇒独立して個人事業主 というダイナミックな経歴の持ち主です。F君によれば、英語は「5つの発音のルール」を抑...
あなたが外国人とコミュニケーションを取るのが下手くそな理由... 外国人とコミュニケーションを上手く取れていると自信を持って言える猛者は、もうここでブラウザをそっと閉じてください。 一行目まで読んでいただきありがとうございました。英語ライターYの次回作をご期待ください。 ・・・冗談はさておき、 街で外国人に道を聞かれる人、海外赴任やグローバル系の部署への異動する人...
相手を不快な思いにさせない「言い難いことを切り出す英語表現」〜ビジネス英会話❶〜... ビジネスにおいて信頼を得るためには、会議室での交渉には些細な言い回しや相手への気遣いがすごく大切です。相手を怒らせたりしては、伝えるべきことがちゃんとビジネス英語でできていても効果半減です。お説教になるようなことをそのままストレートに伝えると、相手にも嫌われてしまうので、関係が悪化する可能性もあるで...
【英語上級者しか知らない?】周りと差をつける感情表現フレーズ15選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語で誰もが”HERO”に。EIGOHERO.comは、「やりたいことが明確なのに英語がハードルになって、実現ができていない人」を応援する語学学習メディアです。TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習の役に立つ記事を提供するポータルサイトです。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。外資系企業から求められる英語はもちろん、面接の際のポイントや英文履歴書の書き方など、キャリアに関わる英語関連の記事も数多く取り扱っています。グローバル時代であるこの時代、さらにグローバル化に拍車がかかる中で英語が理由で夢ややりたいことがあるのに実現することが出来ないと諦める人を減らしたい。語学の壁を軽々と乗り越えて誰もがHEROになれる社会の土台となるためにEIGOHEROは今日も皆さんのお役に立つ情報を提供致します。