ポイントはたった4つだけ!TOEIC初心者のリーディングに足りていないものとは?

TOEICのリーディングパートで点数がなかなか上がらない…。

リーディングは実はたった4つのポイントをしっかり抑えることで伸びるもの。

自分の弱点がいまいちよく分からない人はこの記事のポイントを見ることで自分のリーディングの苦手分野をしっかり把握してみてくださいね。

—————————————————————————————————-

この記事をオススメしたい人

  • TOEICリーディングの基礎を知りたい人
  • TOEICリーディングでいまいち点数が上がらない人
  • TOEICリーディングパートを得点源にしたい人

—————————————————————————————————–

 ①語彙

TOEICにおいて、いくら文法を勉強しても語彙が不足していれば、文章は読めません。最悪、文法や構文が分からなくても単語だけ分かれば意味を推測できる場合は多々あります。しっかりと毎日5分だけでも単語帳に目を通すようにしましょう。

ちなみにTOEICにおいて頻出の単語でいえば、多く見積もっても2000〜3500語あれば大丈夫でしょう。850点以上を目指す場合はさらにもう1000語ほど難単語を追加できると磐石な知識の元に問題を解くことができると思います。

 

※単語の超効率的な暗記方法のまとめ記事はこちら!

【五感で覚える】TOEIC英単語最強の覚え方

 

②構文力

TOEICリーディングでもその他のリーディングでもそうですが、一文の意味をしっかりと理解するためには、まずは構文をしっかりと理解する必要があります。特に主要な五文型と関係代名詞、接続詞はマストで押さえておくべきですね。

逆にTOEICのリーディングでは難解な文章が出てくる事がほぼないので、基礎的な構文能力がついていれば確実にリーディングパートで高得点を狙うことができます。

難しい単語が並んでいない場合でもthatやwhichが一文の中に多く並んでいるだけで意味が分からなくなってしまうことがあるので、そのようなことにならないようにしっかりと構文理解はしておきましょう。

英語の文法知識であれば中学や高校で使っていたテキストで事足りるのでこちらのテキストなどはいかがでしょうか?

 

総合英語Forest 7th Edition

中古価格
¥1,628から
(2017/7/20 17:28時点)

TOEIC英語に集中して文法を鍛えたい!という人にはこちら。

感覚的には600〜900点くらいの幅広いレンジの人にお勧めできるTOEIC文法トレーニングテキストです。

解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part 5 & 6 (イ・イクフンのstep by step講座)

中古価格
¥89から
(2017/7/20 17:28時点)

③背景知識

実は多くの人のTOEICリーディング能力の向上に必須なものにもかかわらず日の目を見ないポイント。

それが「背景知識」です。

TOEICはビジネス英語。なので、多少のビジネスや経済などの知識は必要となります。

特に大学生のTOEIC受験者は中々分からないことも多かったり、そもそもビジネス英単語事態になれていないので、今まで普段使っていた受験英単語とは違うものとして背景知識を身につける必要があります。

 

確かに語彙や構文力が上がればTOEICリーディングの点数は上がりますが、細かいところで点数を落としがちになってしまいます。

普段からビジネス英語に触れられるように英字新聞を読んだり、英語で背景知識を理解することが苦手な人は日本語で構わないので経済や経営学の本を読む、アルバイトで仕入れや販売のことについて学ぶなどをしていきましょう。

 

④文章構成知識

この文章構成についても意外と多くの人が軽視しがちなポイント。

TOEICリーディングパートは初心者〜中級者にとっては量が多く解ききれないこともしばしば。

しかしTOEICのリーディングにおいて、この「英語の文章構成知識」があるかどうかで解答スピードは段違いになっていきます。

 

具体的に説明しましょう。

そもそも日本語と英語では文章の書き方やメール文章の構成などが違います。

TOEICでも英文メールは数多く問題として取り上げられますね。

英語は必ず各段落の最初に書き手の主張が来るもの。(人によってはパラグラフリーディングとも言います。)

つまり、書き手の意見の結論が最初にくることがほとんどなのです。

 

日本語:「〜〜で、〜〜なことがあって、〜〜ということに決定しました。」

英語:「〜〜ということに決定しました。なぜなら、〜〜で〜〜なことがあったからです。」

 

このように意見→理由→根拠という文脈に述べられるのが英語の文型です。

これを把握すれば、リーディングパートを解く際に文末を見なくてもまず何を書き手が言いたいかは文頭の辺りで判断をつけることができます。

TOEICリーディングでは、このことを知っていれば「どの段落に何が書いてある」ということを時間をかけずに判断することが可能となります。

 

また、文章の後ろの部分にいくほど意見の主張をサポートする情報(修飾的なもの)が多くなるので、逆に設問で「何時にどこで〜があったでしょう?」のような細かい部分の情報を求められる場合のもがあってもすぐに対応することが可能です。

 

TOEICはとにかく時間との勝負なので、全文を読まなくても解答できるようなリーディングスキルを持っておくと、これほど心強いものはありません。

 

より具体的なTOEIC速読リーディングスキルはこちらの記事で!

時間内に解ききれない人のためのTOEIC解法テクニック集

 

まとめ

TOEICリーディングに必要な4つのポイント、いかがだったでしょうか?

語彙・構文力・背景知識・文章構成知識…。

どれもTOEICリーディングには必要不可欠です。

自分のリーディングの苦手なポイントが掴めればあとはそこを徹底的に強化していくだけなので、自分がどこで躓くことが多いかは問題を数多く解く中でしっかり復習して把握するようにしましょう。

TOEICのリーディングは英語の全ての基礎となりますので、しっかりと磐石なものにすれば800点台・900点台スコアラーに近づくことも夢ではありません!

ABOUTこの記事をかいた人

YamaguchiTatsuya

学生時代に編み出した「独自の学習方法」による効率的で楽しいTOEIC高得点のコツ等を書いています。 大手IT広告代理店国際事業推進部→某教育系スタートアップ執行役員→ブランディング(入社案内・理念浸透ツール等の制作) グローバル教育研究所認定講師。