TOEFL Listeningセクションで知っておくと得するテクニック

TOEFLのListeningセクションの音声形式は2種類

・「講義」
・「面談形式」

です。

つまりどちらも「会話スタイル」です。

速さも自然な早さですから、普段ドラマなどを見慣れているなら、
物足りないくらいほどかもしれません。

■大学の講義

●TOEFL Listeningの出題方式

大学の講義では教授が一方的に話す内容を聞いたり、それに対する学生の意見交換を聞いて設問に答えます。
テーマは例えば都市計画、心理学、など一般日常会話より少し高度です。

●TOEFL Listeningの対策方法

大学の講義とは言え、学術用語はほぼ登場しません。
出てきた場合はその後さりげない説明が入り、知識がなくても分かるよう工夫されています。

そのため、ESL学生用ニュースを聞くことで十分対策できます。

「NHKのニュースで英会話」(https://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi)レベルで練習を始め、慣れてきたらESL用VOA(http://learningenglish.voanews.com/)を聞きましょう。

聞き流すような聞き方(ながら聞き)はせず、
落ち着いた場所で、一度で内容全てを聞き取る覚悟で集中して聞く練習が必要です。

この時、内容を書き留めます。
メモ取り練習もTOEFLには欠かせません。

■面談や個人授業

面談や一対一の補習授業など、学生と先生の一対一の対話を聞きます。
テーマは生物学、就職相談などですが、こちらも特殊な用語は使われていません。

時事英語に必要なビッグワードは不要ですが、同意語バリエーションを増やすことで、洗練された英語を理解することに慣れておいた方がスムーズに理解が進みます。
たとえば「agree」だけでなく「consent」、「oppose」だけでなく「dispute」などです。

■Listeningセクションでの注意点

●集中力の持続

TOEFLのListening セクションの音声は、英検やTOEICのリスニング問題よりも随分長いのが特徴です。そのため途中で集中力を切らさないよう注意が必要です。

例えば英検準1級のリスニングの音声は一問一分以内ですが、TOEFLでは3分はあります
長いもので5分です。

しかも話す速さは約1.5倍、語彙の難易度もちょうどその程度です。

難しい上、速くて長いため、最初は精神的にとても疲れます。

せめて15分くらいのものを集中して聞きこむ練習をしましょう。(聞き流しは禁物です)

●メモ取り

メモを取っても構わないので、メモをうまくとる練習をしておく必要があります。
音声は長いので情報量も大量です。

メモを取らずに頭に入れるのはリスクが高いので、キーワードを書き残しましょう。

メモを取る際、文章をそのまま書こうとしてしまわないよう、日頃から練習が必要です。
○、◎、×などの記号と共に「単語のみ」を書き綴ります。
メモ取りに忙しくて聞き逃してしまった、という話は、あり得ないようで実際よく起こる失敗です。

【TOEFLリスニング】ハイスコアを掴むために必要不可欠な16のメモ取りの技術

2016.01.28

■まとめ

TOEFLのListening対策のために、情報量の多い文章を、聞き流さず集中して聞き、情報を書き留める練習をしましょう。

また、TOEFL試験は一斉開始ではありませんから、Listeningセクションに自信がない場合、
開始時間ぎりぎりまで待ってから開始しましょう。

他の受験者がガサガサ受験の準備をしているうちから始めると、
聞き取り力は格段に落ちてしまいます。

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!