海外ドラマ『White Collar/ホワイトカラー』で効率的にビジネス英語を学ぼう!

あまり日本では知られていないかもしれませんが
海外ドラマで英語を学びたければ、ドラマ
『White collar/ホワイトカラー』がお勧めです。

『White Collar/ホワイトカラー』はどいう意味?

ホワイトカラー(White-collar、白い襟のこと。色彩を意味するcolorではない)とは、一般に、頭を使う仕事をする人、もしくは背広・ネクタイ姿で仕事をする人(総合職)のことを言う。

5-30-13-White-Collar

なぜ『White collar/ホワイトカラー』は
社会人の英語学習素材として最適なのか?

海外ドラマ好きなカルちゃん
理由は簡単。
オフィスでの会話シーンが圧倒的に多いからです。

主人公は2人です。

・Neal(ニール):頭脳明晰な元天才詐欺師。

・Peter(ピーター):愛妻家の敏腕FBI捜査官

White-Collar-1

というわけで、
『White collar/ホワイトカラー』
オフィスで使われるような
割と知的な会話レベルのビジネス英語を学ぶ我々としては
ぴったりなドラマなんです。

海外ドラマって、何気なく見始めてしまうと
ついついのめりこんでしまいますよね。

『White collar/ホワイトカラー』
ハマッてしまうと、睡眠時間を削って
でも見てしまうのでご注意下さい。

本日は、『White collar/ホワイトカラー』から
オフィス(職場)で使えそうな台詞を
ご紹介します^^

職場で使える台詞

I think you have a memory problem.

記憶力大丈夫?

I’ve just heard wonderful things about you.

あなたの良いうわさ聞いてるよ

Our styles didn’t mesh.

性格が合わなかったんだよ

Something eating you?

= What is annoying or bothering you?
何を悩んでいるの?

I’m sure it didn’t do wonders for his reputation.

別にそれが彼の評判を良くしたわけじゃないでしょう

Did he give you any way to get in contact with him?

どうやって彼に連絡を取ればよいか教えてもらった?

May I have a word, please?

ちょっと(お話)いいですか?

Let me get something clear right here,right now.

ちょっと整理させて(物事をはっきりさせて)、今すぐ。

Leave you heart off your sleeve.

感情を表にだすなよ。
(袖からハート=感情を外せよ)という直訳が
転じて「感情を表に出すなよ」という意味になる。

追伸

『White collar/ホワイトカラー』の主人公
Neal(ニール)の男前な見た目にメロメロになってしまう
視聴者が殆どです。

ですが、人によってはもっと好きなるキャラクターが
あわられるでしょう。

それがMozzyというNealの相棒になる
天才ハッカー(クラッカー)兼詐欺師です。

彼は歴史上の偉人の名言を引用しながら話をする
癖があって、話し方や、その丸々とした見た目に
心を奪われてしまう人も多いはず。

mozzi

If you want a happy ending, that depends on where you stop your story.

ハッピーエンドが欲しければ、どこで自分の物語を止めるかだな。

Behind every worst case scenario, there is a worse worst case scenario.

どんな最悪のケースにも、それよりも酷いケースがある

One person’s tragedy is another person’s excitement.

他人の不幸は蜜の味

Some journeys need to be walked alone.

旅の中では、一人でいかなきゃいけない物もある

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!