24時間戦えるFX相場での英語の有効利用法教えます!

FX(Foreign Exchange)は各国の通貨ペアに対して投資を行うという商品ですが、世界中にマーケットがあるので24時間、いつでも取引が可能ということで日本でも人気があります。

FXを始めてみると、お分かりになるかと思いますが、取引で英語に触れる機会は多いです。これはやはり投資の主要マーケットが欧州や米国にあり、本場であるためというのが大きな理由です。

したがって英語が理解できるのは、FX取引においてメリットがあると言えるでしょう。今回は英語が理解できると実際どのように役立つのか、またそのためにどのような勉強法が有効かなどをお伝えしていこうと思います。

※ファンダメンタル重視な人ほど英語の重要度は増します!

FX取引におけて手法は、主にチャートの動きを重視するテクニカル分析と、景気や金利などに対する通貨政策などを重視するファンダメンタル分析に分かれていて、どちらかを選んで取引をするという傾向があります。

ファンダメンタル分析の場合は、情報をニュース記事で読んだり、報道を聞いたりすることで取り入れますから、その際に英語の理解が必要です。特に主要各国の要人が発言する際には英語で話し、発言中にもレートは動きますからその場で理解するヒアリング力が必須となるわけです。

また記事を読むにも英語媒体のものを直接読む方が、投資に対しての細かいニュアンスも感じ取れるので有効であるといえます。

オススメなFX情報メディア

REUTERS

世界の経済状況・ニュースから各種マーケットなどについて幅広く情報発信しています。またアナリストの見解なども多く掲載されており、重視する方には有益です。また英語版ロイターは日本語版に比べて情報が早く、情報量としても多いです。

 

Bloomberg

REUTERS経済だけでなく、政治・産業・ビジネス関連等、幅広く情報を得ることができます。世界的な経済誌「Businessweek」のサイト版「Bloomberg Businessweek」の情報も閲覧可能です。また世界各地域のマーケット情報のライブニュース報道も閲覧ができます。 The

 

Wall Street Journal

国際的に影響力が大きい日刊経済新聞のサイトで、有益なのは特にアメリカ版となります。マーケット情報に特化している媒体で、相場動向分析を行うこともあり、注目する人も多くいます。ただ有料の記事がやや多いです。

 

FX取引に必要な英語力はヒアリング力と読解力!

先の話で説明した通り、FXではファンダメンタル重視の場合、できるだけ早い情報収集のためには、英語を「聞く」と「読む」というインプット力を付ければ大丈夫です。

投資家の中には、朝から晩までずっとアメリカ・イギリスなどの現地の経済ニュースを視聴し、注目しているという人もいるほどです。その中で自分にとって有利な情報を取捨選択してトレードに活かすのです。

それくらい早く理解しようという意識が高ければ、上達がどんどん促されますので努力すれば、FX投資力と英語インプット力の両方を同時に向上させることができると言えます。

FXだけでも難しいのに英語の勉強ってどうすればいいの?

ファンダメンタル分析を重要視する方にとっては、英語力は投資成績にも影響するので大事ですが、FXの勉強もしているのにどのように勉強すれば良いのかは気になりますよね。

この点について説明しますと、各個人の英語力にもよりますが、文法は基本的なところを押さえて、英単語を覚えるのは投資・経済関連のものを多くしていくことです。本当は全般的に語彙を増やすのが良いと思いますが、取引に使う単語は特化しているのでそちらの方が良いでしょう。

そしてニュース記事や報道に触れる機会を増やしていけば、「慣れ」もあって徐々に理解できるようになるでしょう。

しかしこれはあくまでFXに役立たせる場合です。もしあなたが今後、英語力を全般的に伸ばしたいということであれば、語彙も常用単語から増やしていき、「話す」や「書く」力を並行して学んでいくことが大事になってきます。

(Visited 6 times, 1 visits today)

Related Post

念のためお知らせする「リマインドする英語表現」〜ビジネス英会話⓬〜... 相手にとって煩わしくならないよう、「念のため、忘らないでください」と伝える婉曲的な表現をご紹介します。① I don't mean to press you, but please ... せかすつもりはないのですが、〜 I don't mean to press you, but please s...
ビジネス英語・メール実践対応ー❼ー支払いを請求・確認する英文メールの書き方... ①支払いを請求する 請求書を送付したことを知らせます。簡単な挨拶と支払い請求書添付のお知らせを簡潔に書く場合に使える英語表現をご紹介します。・Attached to this email is an invoice. 請求書をこのメールに添付しました。・Here is the payment...
「Good」の代替表現で語彙力を高めるための10の方法... 常に「good」と言うのに飽き飽きしていませんか?何か新しい表現を試してみたいと思っていませんか?新しい単語を使うことで貴方が人気者になったり、幸せになることはないかも知れませんが、、、貴方を賢くし、コミュニケーション能力を向上させることは間違いありません。そのことによって他...
「ペア定型英語表現」Top20〜ビジネス英会話⓮〜... ビジネス英語でもよく見聞きする「ペア定型表現」を聞いたことがありますか?「ペア」をアルファベット順に取り上げ、前後を入れ替えて使うことができません。よく使うペア表現をご紹介します。(1) back and forth ➡︎ 前後に、あちこちに;行ったり来たり;行きつ戻り...
ネイティブがよく使うビジネス英会話 No.21~30... ① fog up「〜先湿気でくもる」 fogは「霧」、ガラスなど本来くもっていないものが蒸気などのせいで「くもる」という場合はfog upを使います。・Hey, your glasses are fogging up. → あなたのメガネがくもってよく見えません。 ② rush int...

ABOUTこの記事をかいた人

英語で誰もが”HERO”に。EIGOHERO.comは、「やりたいことが明確なのに英語がハードルになって、実現ができていない人」を応援する語学学習メディアです。TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習の役に立つ記事を提供するポータルサイトです。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。外資系企業から求められる英語はもちろん、面接の際のポイントや英文履歴書の書き方など、キャリアに関わる英語関連の記事も数多く取り扱っています。グローバル時代であるこの時代、さらにグローバル化に拍車がかかる中で英語が理由で夢ややりたいことがあるのに実現することが出来ないと諦める人を減らしたい。語学の壁を軽々と乗り越えて誰もがHEROになれる社会の土台となるためにEIGOHEROは今日も皆さんのお役に立つ情報を提供致します。