「〜していただけませんか?」って英語でなんて言うの?

英語には日本語のように、同じ言葉を相手や場面に応じて「謙譲語」「丁寧語」「尊重語」のように
言い換えて表現する敬語は存在しません。

しかし、丁寧な言い回し、ビジネスににふさわしい言い回しなど、
相手や場面に応じた適切な表現は存在します。

丁寧に依頼する場合は、【will/would/can/could+you~?】を用います。

▶︎「will」 と「can」は丁寧度が低めのカジュアルな表現になります。
▶︎「would」は「〜してもらいたい」という意向や願望を強く表すため、相手にとって断りにくい場合があります。
▶︎「could」は能力や可能性を問う意味合いを持つので、相手は断りやすく印象もよくなります。

[引用元:『ビジネス英語4週間集中プログラム』、大島 さくら子 (著)]

・May I have …?
〜をいただけませんか?

[例] May I have your business card?
➡︎ 名刺をいただけますか?

・Could you please …?
・I wonder if you could~?

~していただけませんか?

[例] Could you please / I wonder if you could send me your product brochure?
➡︎ 産品案内を送りいただけませんか?

・Could you possibly …?
・Would it be possible for you to…?

〜ことはできますか?

[例] Could you possibly give me a few moments in private?
➡︎ なんとか少しお時間を個人的にいただくことはできませんか?

・It would be helpful if…
〜だと助かります。

[例] It would be helpful if you could give me a hand.
➡︎ お手伝いいただけると助かります。。。

・I would appreciate it if…
〜だとありがたいです。

[例] I would appreciate it if you could reschedule the afternoon meeting.
➡︎ 午後の会議の日程が変更になることができればありがたいです。

カルちゃん
基本的には、丁寧な依頼を表す「could」と「would」を用いるということですね!

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!