超実用的!ネイティブがよく使う英語のフレーズ「ペア定型英語表現」20選!

ビジネス英語でもよく見聞きする「ペア定型表現」を聞いたことがありますか?

「ペア」をアルファベット順に取り上げ、前後を入れ替えて使うことができません。

よく使うペア表現をご紹介します。

➡︎ 前後に、あちこちに;行ったり来たり;行きつ戻りつ;往復して。

[例]I had to travel back and forth between Tokyo and NY.
(私は東京とニューヨークの間に行き来する必要があった。)

 

(2) black and white

➡︎ 書面で;書き物; 印刷したもの。

[例]The FAX number is given here in black and white.
(FAX番号はここに書いてあります。)

 

(3) by and large

➡︎ 全般的に(見て)、概して。

[例]Your reports are by and large professional.
(あなたのレポートは概ね専門的なものだ。)

 

(4) give or take

➡︎ だいたい;およそ;前後;プラス・マイナス。

[例] I’ll be there at six, give or take ten minutes.
(だいたい6時ごろ〜うん、5時50分から6時10分の間に伺います。)

 

(5) loud and clear

➡︎ はっきりと;明瞭に。

[例] I hear you loud and clear.
(はっきり聞こえるよ。)

 

(6) make or break

➡︎ 運命のわかれ道、運命を左右する 。

[例]This program is make or break for our company.
(当社にとっては、このプログラムに社運がかかっています。)

(7) more or less

➡︎ 程度の差はあるが;多かれ少なかれ;大体。

[例] I’ve more or less finished the book.
(だいたいその本を読み終えた。)

 

(8) onward and upward

➡︎ 右肩上がり。

[例] His company is now onwards and upwards.
(彼の会社は今や右肩上がりだ。)

 

(9) out and out

➡︎ 徹底的に; 完全に。

[例] This product is an out and out flop.
(この製品は完全な失敗作だ。)

 

(10) part and parcel

➡︎ 重要部分。

[例]English presentation skill is part and parcel of this job.
(英語プレゼン能力はこの仕事では当然だ。)

 

(11) the pros and cons

➡︎良い点と悪い点;損得。
「Pros」は良いところ、「Cons」は悪いところを指しています。

[例] We must weigh the pros and cons of the measure first.
(まずはこの策の利害得失を考究しなければならないです。)

 

(12) rough and ready

➡︎ ぞんざいな;大雑把だが、手元にある目的のために効果的な。

[例]It is a rough and ready translation.
(これはざっと翻訳したものです。)

 

(13) rules and regulations

➡︎ 法規; 規則。

[例]I’ve been sick of all these rules and regulations.
(規則などが嫌になってしまいましたね。)

 

(14) sick and tried

➡︎ 飽き飽きしている。

[例]I’m sick and tired of the complaints from customers.
(お客様らのクレームにはもううんざりだ。)

 

(15) smoke and mirrors

➡︎ 巧妙なトリックで人を欺く;ごまかし。
直訳は「煙と鏡」です。マジシャンのように煙と鏡を使って人の目を欺く仕掛けです。

[例]The company’s earnings presentation was all smoke and mirrors.
(この会社の決算説明会は全てこまやかしだった。)

 

(16) tit for tat

➡︎ しっぺい返しをする;報復 。
tit も tat も「なぐること」。
ドラマ『半沢直樹』の 名せりふを英語に翻訳すれば、

人の善意は信じますが、やられたらやり返す、倍返しだ。それが私の流儀なのでね。
I believe in benevolence, but if you are hurt, give tit for tat. I’ll pay you back double. That is my way.

 

(17) touch and go

➡︎ す早い動作;一触即発の、危機一髪の、きわどい。

[例]Our factory failed to deliver an important component, it was a touch and go for almost 3 hours.
(私たちが時間どおりに納品できなかったた、え、3時間ほどひやひやの状態が続きました。)

 

(18) ups and downs

➡︎ (繰り返される〕上り坂下り坂;上昇と下降;栄枯盛衰。

[例] financial ups and downs
(経済的な浮き沈みがある)

 

(19) wear and tear

➡︎ すり切れ, 摩滅; 消耗。

[例] Normal wear and tear is not covered by warranty.
(通常の減耗は保証の対象外となります。)

 

(20) wining and dining

➡︎ 飲食;接待。
文字通り「ワインを飲んだり食事をしたり」という意味で使っています、さらには「接待」という意味があります。

[例] He is wining and dining his clients.
(彼はお客様を接待しています。)

カルちゃん
お疲れ様です!!
せっかく覚えたので、使わないと意味ないです。
これから、かるちゃんとペア表現をガンガン使いましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!