「〜をどう思いますか?」って英語でなんて言うの?

英語提案メール

場所やプランなどの提案をするときには、相手に押しつけがましい印象を与えないほうがいいです。

Why don’t you~?

〜してはどうでしょうか?

[例] Why don’t you give it a try?
➡︎ 試してみようよ。

 

How about~?

〜(相手の意見を求めて)〜についてどう思いますか?

[例] How about a lunch meeting?
➡︎ 昼食をとりながらのミーティングはいかがですか?

 

What do you say to~?

〜をどう思いますか?[/btn] [例] What do you say to have a drink after work?
➡︎ 仕事がおわったら、一杯を飲みませんか?

 

May I make a suggestion~?

➡︎ 1つ提案してよろしいですか?

 

Could I have a word?

➡︎ お話ししていいですか?

 

上記の表現よりも、やや強めに表現するには、

  •  Perhaps you should~(〜したほうがいいでしょう)
  • We propose that~(〜を提案いたします)
  • I’d like you to consider an alternative plan.(代替案について検討してもらえませんか?)

を使えますが、相手に圧迫感を与える恐れがあります。

 

ì˙ñ{åÍ_ÉJÉbÉRǬÇØÇÈ

英語提案メール

ABOUTこの記事をかいた人

EIGOHERO

英語で誰もが”HERO”に。 EIGOHEROは、「英語を活かしてグローバルの舞台で活躍したい人」や「ビジネスレベルの英語力を活かした転職を希望している人」を応援する語学学習メディアです。 TOEICにTOFEL、日常会話からビジネス英語まで様々な英語学習のお役立ち記事を提供します。 また、語学だけでなく転職・キャリア関連の記事も数多く掲載。 英語力を身につけ、キャリアを切り開き、世界のどこででも働ける人を1人でも増やせるように日々記事を更新していきます!