【外資転職までの流れ】外資系企業への転職で失敗しないためのマニュアル

外資系の企業で通用する英語力を身に付け、転職する方法をチェックしよう。

Step.0 外資系へ転職する下準備

外資系転職をするなら、転職エージェントの活用は必至です。いくつもの転職エージェントがありますが、正直なところ玉石混交だったりします。とりあえず転職!なら主要なエージェントを、ハイクラスの高年収を狙うならハイクラス求人を専門に扱うエージェントの活用をしましょう。

また、外資系企業への転職の前提条件として、基本的にビジネスレベルの英語力が必須となります。社内外のコミュニケーションで英語を頻繁に使用するので、もちろん英語力が低い人はそもそも書類選考の時点で門前払いになってしまうことも。英語力に自信の無い人は、まずはTOEICやTOEFLなどでも構わないので、リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングを満遍なく勉強しましょう。

外資系転職エージェントの比較

[kanren postid=”25741″]

 

転職に必要な英語力とは?

[kanren postid=”1107″]

[kanren postid=”5569″]

[kanren postid=”5562″]

 

社会人の英語学習にオススメの記事はこちら

[kanren postid=”25522″]

[kanren postid=”3749″]

[kanren postid=”4755″]

[kanren postid=”6080″]

 

Step.1 外資系企業への転職応募期

職種・性別・年齢で転職に求められる条件は変わる

日系企業でもそうですが、職種や性別、年齢など様々な要素で転職の際に求められる条件は変わっていきます

[kanren postid=”635″]

[kanren postid=”1515″]

[kanren postid=”1507″]

 

Step.2 外資系企業用の英文履歴書対策

大学卒業後、新卒で日系企業に勤めている人が大半の世の中ですから、英文履歴書を書いた経験のある人は圧倒的に少ないはずです。英文履歴書には「転職成功のための書き方」があります。また、履歴書では性格や部署などを表す英語も頻出ですので、しっかりとミスなく書く必要があります。自然な英語で完璧な履歴書を作り、書類選考を軽がると突破しましょう。

[kanren postid=”1359″]

[kanren postid=”1040″]

[kanren postid=”26554″]

[kanren postid=”356″]

[kanren postid=”3994″]

 

Step.3 外資系企業の面接対策

英語での面接において、面接でよく聞かれる質問はだいたい決まっています。とはいえ、英語での面接は慣れていないととても緊張するものなので、始めて外資系企業へ転職する人は入念に面接対策をして、本番で言葉が詰まらないように練習を重ねましょう。

[kanren postid=”306″]

[kanren postid=”5854″]

[kanren postid=”5673″]

 

Step.4 外資系企業に無事転職できたならば

転職後も実は気を緩めることはできません。会社との労働契約を結んだりする事務手続きはもちろん、実際に働き出すと様々な外国人と働くので、改めて英語力を磨き続ける必要があります。また、相手の国のビジネス習慣に合わせるために異文化理解の知識を身につける必要もあったりと、学習に終わりはありません。常にグローバル人財であり続けられるよう、自分をアップデートし続けていましょう。

[kanren postid=”24804″]

[kanren postid=”653″]

[kanren postid=”4652″]

[kanren postid=”6026″]

[kanren postid=”5882″]

 

番外編 人生やキャリアについて、改めて考える。

人生は一度きりです。それを踏まえた上で、「そもそも人生とは何なのか?働くとはどういうことか?」を節目節目で考えてみましょう。もしやりたいことがあるなら、人と道が違っても恐れずに自分の満足のいくように、アルバイト・就職・転職・起業と行動に移して自分だけのキャリアをつくりあげていきましょう。

[kanren postid=”3255″]

Related posts:

Related Posts